保育士として働くために必要な資格

ここでは、保育士として働くためにはどのようにすればよいかということについて説明していきます。保育士はよく知られているように国家資格となっていますので、試験を受験して合格するか、あるいは養成学校で所定の科目を受けて卒業するかどちらかとなります。

 

資格取得の手段は2つ

保育士の国家資格取得のためには、前述のように保育士の試験に合格するか、養成学校に通うかのどちらかになります。どちらの方法で取得したとしても、同じですので違いはありません。逆に資格を取得していなければ、保育士として働くことができません。

 

実際に働くときには、都道府県知事への登録申請を行い、保育士証の交付が必要となります。このプロセスを経てやっと勤務可能となります。それでは、保育士の資格を得るための2つの方法についてそれぞれ見ていきましょう。

 

厚生労働省によって定められた養成学校で取得

専門学校だけではなく、短期大学や四年生大学などでも取得は可能となっています。必要とされる単位を取得して卒業すると保育士の資格が与えられるということになるのです。この場合には、校外学習として実際に保育園に行って実習するというようなものも含まれています。

 

高校卒業または同等資格

⇒専門学校、短期大学あるいは四年生大学の保育士養成過程で所定の単位取得
⇒保育士養成施設で所定の科目を勉強
このそれぞれのプロセスで卒業すると同時に資格取得となります。

 

国家試験を受験して合格

国家試験は、各都道府県において年1回受験することができます。この試験に合格すれば保育士の資格を得ることができます。但し受験資格がありますので、誰でも受験できるものではありません。受験資格としては、短期大学を卒業しているなどの条件がありますので、よく確認することが重要です。例えば、高卒であったとしても経過措置により受験可能となっているケースもあります。まず受験資格を満たしているかを確認することから始めましょう。

 

昔は保育士の資格を取得できる学校が少ないこともあり、この国家試験を受験して資格取得を目指すという方法がメジャーでしたが、近年は学校も多くなってきていますので、それほど受験者数は多くはありません。

 

高校卒業または同等資格者の場合

⇒2年以上大学に在学して、所定単位を履修など

 

受験資格を満たしているような場合には、試験に合格したら資格取得です。

 

中卒であったとしても、保育経験などがあるようなケースであれば、受験して資格取得を目指すことが可能となっていますので、該当しそうな場合には受験資格があるかどうかよく確認してみると良いでしょう。