保育士の就職動向とは?

保育士の就職動向について興味があるという人も多いかもしれません。全体的な観点で言えば求人数は多くなっています。これは保育士は女性の割合が多くなっていますので、出産や子育てのためにいったん職を離れるというケースが多いものです。このため、臨時の欠員募集については時期を問わず多くなっています。

 

他にも、最近の政策では待機児童の解消や女性支援の対策が取られていたり、保育施設は手厚い保育サービスの提供を要求されたりするという背景がありますので、保育士のニーズは高い水準を保っているということが言えます。少子化の影響がありますので、いつまでも同じ状態とはいえませんが、この傾向は今後もしばらくは続くことが予想されるでしょう。

 

もし、公立の保育園で働きたい場合には保育士の資格に加えて、公務員資格が必要となります。一方、民間の保育園であれば、保育士資格だけで働くことが可能です。やりがいのある仕事で、より多くの人が求められている職業ですので、興味のある人は目指してみると良いでしょう。