需要が増加の一途をたどる保育士のお仕事

進む一方の核家族化や、子どもが出来ても引き続き働き続ける母親が増えているせいか、保育園及び保育士に対する需要は高まる一方です。保育士を求める保育所や保育園は常にあり、保育士の方にとっては、転職をしやすい環境が整っているといえます。保育士の需要が以前にも増して高まっているのはなぜでしょうか。

 

待機児童の数の増加

待機児童とは保育園や保育所への入所を希望しているものの、空きがないために、空き待ちをしている児童のことをいいます。待機児童は社会問題化していて、少しでもその人数を減らすために、保育士や保育所の増加が求められています。

 

保育所自体の不足もありますが、そこに勤務する保育士自体の数の増加も必要とされています。そのため保育士の需要は常に大きいのです。

 

保育士の主な職場は保育園や保育所ですが、昨今では企業や団体が独自に備える社内の託児センターや保育センターなどへの勤務も考えられます。勤務形態の多様化や女性の社会進出に伴い、ある程度の規模の企業には、企業内において社員の子どもたちを保育する施設の付設も求められるようになってきました。そのため企業が自社の社員専用の託児施設を併置することも増えてきました。

 

保育士として働くためには、保育士としての資格を取得しなければなりません。国家資格ですので、その気になれば自宅で通信教育などを用いて勉強し、資格試験を受験することも出来ます。もちろん保育士などを養成する学校や施設に通って、資格を取得する方も多いといえます。

 

まったくの他業種からの転職であれば、通信教育やその他の教材を用いて学び、試験を受けることで、無事に資格を取得する方も多いのが現状です。国家資格に受かるということは、これからその職種でずっと働いていけるということですので、将来に対する展望も安定します。

 

このように資格が国家資格であること、それから仕事に対する需要が非常に高いことから、保育士への転職は今もっとも注目されている求人の一つといえます。またこれまでは女性中心だった職種ですが、最近では男性の方の進出も目覚しい分野です。もともと子ども相手の職場ですので、男性・女性どちらでも公平に働くことのできる職場といえます。今もっとも需要の高い職種の一つ、保育士、転職を考えるのであれば、今がその時期かもしれません。