保育士の将来性をどう見るべき?

近年、専業主婦に憧れる女性も増えているようです。裏を返せば、専業主婦として、夫の収入だけで生活していくことが難しくなったということですね。女性は家にいて家事・育児に勤しむもの、男性は外に出て家族を養えるだけの稼ぎを持って帰ってくるもの、という時代は遠い昔になりました。男女同権、女性の社会進出などという社会問題を議論する前に、生活していく上で、女性が外へ働きに出ることが求められる時代になっています。

 

共働きの夫婦が増えているわけですが、そこで問題になるのが、小さな子供を抱えている場合です。夫婦が共働きしようとすると、子供を預ける場所を確保しなければなりません。核家族の多い現在では、両親や祖父母に預けて面倒を見てもらうことも難しくなりました。ご近所に預けて面倒を見てもらうことも現実的ではないでしょう。

 

そうした背景から、現在では、保育所を探すという方法が一般的になっています。共働きも核家族もますます増える傾向にあります。これからは、より一層、保育所の需要が高まり、保育士の存在は欠かせないものとなっていくでしょう。保育士の資格の取得は、将来的にも役立つものとなります。

 

保育士のニーズと将来性

少子化が進んでいるにも関わらず、保育士のニーズは高まり続けています。都市部を中心に保育所・保育士が不足しているため、待機児童の問題が発生・深刻化していることは、ニュースなどでも度々取り上げられています。これは、共働きの増加と核家族の増加が、少子化の影響をはるかに上回っていることを意味します。

 

待機児童の問題が解消される見通しは立っていません。保育士のニーズも当分の間、高いままでしょう。いまだ雇用環境が厳しい中、ニーズの高い仕事は多くありません。ニーズの高さは、保育士という仕事の魅力の一つといえます。

 

増税や不況が続くと、大抵の職種では求人が減るものですが、保育士の場合、必ずしもそうではありません。不況により共働きが増えることで、逆にニーズが高まる可能性さえあります。保育士の資格は、不況にも強いといえるでしょう。

 

また、保育士は、何歳になっても続けることができます。自身の子育てが一段落したところで、職場に復帰したり、新たに就職することもできます。将来的にも安定した生活を維持することができるのです。子供好きの方なら、子供の元気をもらって充実した生活を送ることができるでしょう。