保育士のお仕事は? どんな人が向いているの?

保育士の基礎知識記事一覧

保育士として働いている人のほとんどは正社員かパートです。保育園というのは幼稚園と比べると園児を預かっている時間が長いため、それに伴い保育士もシフト制で働いていることが多いです。保育士として働きたいのであればまずは求人を確認します。そして、そこの保育園ではどのような雇用形態をとっているのか、またそれはあなたの希望に合っているのかを確認する必要があります。パートであれば、もちろん時給での扱いになります...

結婚して子供が出来ると仕事をやめてしまうことがあります。そんな主婦となった人たちでも職場復帰しやすい仕事があります。それが保育士という仕事です。保育士の仕事とは、小学校に入る前までの子供たちを預り、 その子達の成長を見守ることにあります。この頃の子供たちは無邪気で本当にカワイイものです。 この子たちに「ありがとう」なんて言われたときには、保育士になって本当に良かったと思える瞬間です。保育士というの...

保育士の待遇について一般的な状況を調べてみますと、保育士は、平均的に基本給約16万円で求人募集が出ていることが多いようです。職場が保育園であるので、通常、園で提供している給食を昼食に食べることができます。そのため、昼食代が要らないのがメリットです。職員に対しては無料で給食を出してくれる保育園もありますし、給与天引きで給食代を支払うこともあります。いずれにしてもお昼代はとても安く済みますので、倹約が...

新卒で就職する場合は、保育専門学校などを卒業して、新しく保育園に就職しようとされる方がほとんどだと思われます。新卒者が就職活動をする場合は、当然ですが経験がありません。職歴がないという点では経験を積んだ保育士にかないませんが、得意分野を磨き、また、若さと元気をアピールすることによって、就職活動を有利に進めましょう。未経験者は即戦力にならないということで敬遠する保育園もありますが、経験の代わりに注目...

保育士という仕事は子供の毎日のお世話をしてあげるのが主な仕事内容となってきますが、実際給与はいくらぐらい貰えるの?と疑問に思う人もいると思います。子供が好きだから保育士を目指したいのだけれど、保育士の給与面や待遇を知っておかないとなんだか不安という人もいるのではないでしょうか。平均的な保育士の初任給ですが、一般的にはだいたい16万円ほどになっています。保育士の仕事も長く続けていけば昇給もあり、その...

保育士の仕事を目指している方や、現役で働いている方の多くは若い女性が多いように思います。子供と遊んだことがある人でしたら経験していると思うのですが、子供の体力やパワーは本当にすごいです。毎日多くの子供たちの相手をするとなるとそれなりに体力が必要となってきます。体力勝負の仕事とはいってもだからといって、年齢制限があるなど若い人でなくても十分に働ける職場でもあります。40代、50代の方でも保育士として...

ここでは、保育士として働くためにはどのようにすればよいかということについて説明していきます。保育士はよく知られているように国家資格となっていますので、試験を受験して合格するか、あるいは養成学校で所定の科目を受けて卒業するかどちらかとなります。資格取得の手段は2つ保育士の国家資格取得のためには、前述のように保育士の試験に合格するか、養成学校に通うかのどちらかになります。どちらの方法で取得したとしても...

保育士の就職動向について興味があるという人も多いかもしれません。全体的な観点で言えば求人数は多くなっています。これは保育士は女性の割合が多くなっていますので、出産や子育てのためにいったん職を離れるというケースが多いものです。このため、臨時の欠員募集については時期を問わず多くなっています。他にも、最近の政策では待機児童の解消や女性支援の対策が取られていたり、保育施設は手厚い保育サービスの提供を要求さ...

近年、専業主婦に憧れる女性も増えているようです。裏を返せば、専業主婦として、夫の収入だけで生活していくことが難しくなったということですね。女性は家にいて家事・育児に勤しむもの、男性は外に出て家族を養えるだけの稼ぎを持って帰ってくるもの、という時代は遠い昔になりました。男女同権、女性の社会進出などという社会問題を議論する前に、生活していく上で、女性が外へ働きに出ることが求められる時代になっています。...

最近では、どの職種でもインターネットを活用して求人を探すことが多くなりました。保育士の求人も、求人サイトに数多く掲載されています。求人サイトは、24時間利用できますし、情報が随時更新されていますので、働きながら転職先を探している方にもおすすめです。求人サイトでは、賃金や勤務地などの条件、任意のキーワードなどを入力して検索することで、自分の希望に近い求人を効率的に探し出すことができます。求人サイトか...

主婦の方が外で働くことを考えた時、どういった基準で仕事を選びますか。家庭や子育てのことがあるので、家から近くて通いやすい職場であったり、残業がないという条件で選んでしまうというケースが多いのではないでしょうか。もちろんその結果として働くことになったパートが悪いと言っているわけではありません。いろいろな方向性の一つとしてこういうこともあるんだと考えていただければありがたいです。まず頭の片隅に置いて欲...

保育士の資格を取得したら就職活動が始まります。求人誌やハローワークなどで情報収集をおこない、気になったところに履歴書を送り書類選考を通過して、ようやく面接という流れになります。その時に忘れてはいけないのが、自治体での保育士登録です。資格を取得し、職場の面接を通過しただけでは働くことできませんので、必ず自治体に登録してください。この点は注意が必要です。他の仕事から転職する場合は、やめた理由を聞かれる...

進む一方の核家族化や、子どもが出来ても引き続き働き続ける母親が増えているせいか、保育園及び保育士に対する需要は高まる一方です。保育士を求める保育所や保育園は常にあり、保育士の方にとっては、転職をしやすい環境が整っているといえます。保育士の需要が以前にも増して高まっているのはなぜでしょうか。待機児童の数の増加待機児童とは保育園や保育所への入所を希望しているものの、空きがないために、空き待ちをしている...

男女雇用機会均等法が平成11年に制定され、保育士の名称が変わりました。それは職業においても差別をしないということで、女性も男性も同じ「保育士」という名称が使われるようになったのです。しかし、いくら法律によって男女のくくりがなくなった職業とはいえ、男性保育士の数はまだまだ少ないのが現状です。その割合は全体の4%から5%程度とされており、女性の保育士に比べ、男性保育士の働く場はまだまだ少ないのが現状で...

現代では保育士不足が深刻な問題となっており、そのため、保育士専門の派遣会社が出来たほどです。ひと昔前までは保育士の仕事を探すために、保育園側も非常に苦労していました。保育士は現場仕事ですし、子どもたちと常に触れ合うために信頼関係も築かなければなりません。突然、その先生がいなくなってしまうことなどを避けるために、現場では常に新しい保育士を求めているのです。子どもたちの安全確保の問題もあり、常に資格が...