保育士と幼稚園教諭にはどのような違いがあるの?

保育士と幼稚園教諭、どちらも同じような業務をこなすことになりますが、両者の間には明らかな違いがあります。ここではこの二つの職種の違いについて見ていきましょう。

 

保育士として勤務するためには、国家試験である保育士資格を取得しなければなりません。勤務するのは保育所や保育園となります。では幼稚園の教諭はどうでしょうか。幼稚園は文部省が定めた学校という教育機関に当たります。そのため幼稚園の教諭となるためには、教員課程のある短大あるいは大学で教育学を修め、その後幼稚園教諭として資格を取得することが条件となります。つまりどちらにしても、資格なしには働くことが出来ない職種といえます。保育士であれば保育士資格、幼稚園の教諭であれば幼稚園教諭免許の取得が義務付けられています。

 

子どもが好きな方には理想の職場とはいえますが、働くためには子どもや教育、そして福祉などに対する総合的な知識が必要とされます。

 

子どもにとって保育士や幼稚園の教諭は両親以外にはじめて出会う大人です。それゆえ、保育士や幼稚園の先生の子ども達に与える影響は計り知れません。子どもや保護者の立場に立って考えることのできる保育士さんは、子どもたちの憧れに存在になるといえるでしょう。

 

幼稚園教諭と保育士として働くためには、それぞれ異なる資格が必要

子どもを保育し、育成するという仕事は、子供が好きな方にとっては甚だやりがいのある魅力的な仕事です。子供を預かり保育する仕事はというと、まずは保育士があります。保育士の主な職場というと、通常保育所や保育園と呼ばれる児童福祉施設になります。他方幼稚園の教諭の職場は言うまでもなく幼稚園です。

 

保育士も幼稚園の教諭も子どもを預かり、保育するという点では共通点がたくさんあります。しかし保育士と幼稚園とでは施設の位置付けが異なります。幼稚園は文部科学省の管轄下にある教育施設、これに対して厳密に言うと、児童福祉施設は厚生労働省の管轄になります。

 

それゆえ保育士と幼稚園の教諭とでは取得すべき資格が異なります。幼稚園の教諭は幼稚園教諭としての資格が必要ですし、保育士は厚生労働省が規定する保育士資格を取得しなければなりません。。

 

子どもと触れ合うことが好き、子どもに囲まれて仕事がしたい、という方にはぴったりの職種ではありますが、相手は年端のいかない子ども、子どもの発育や心理状態、そして保護者との連携関係など、それなりの知識とスキルがなければこなすことのできない専門職といえます。

 

保育園にしろ、幼稚園にしろ、小学校就学前に最低限必要な集団行動を身に付けるための大切な場です。ここを預かる保育士や幼稚園教諭には重い責任が課せられています。それだけに充実感を感じる職場ともいえるでしょう。