保育士の転職にはポイントがある

保育士の転職のコツ記事一覧

子どもに囲まれて働く保育士の仕事、これまでは女性ばかりが目立った職場でしたが、最近では男性の進出もめっきり増えてきました。では保育士の仕事とは具体的にはどのようなものでしょうか。保育士としての職場は、主に保育所や保育園です。ここに通う子どもたちを預かり、必要な手助けをしながら集団生活の基礎を徐々に教えていくことがその主な仕事です。子ども達の身の回りの世話だけでなく、必要であれば保護者に対して適切な...

保育士と幼稚園教諭、どちらも同じような業務をこなすことになりますが、両者の間には明らかな違いがあります。ここではこの二つの職種の違いについて見ていきましょう。保育士として勤務するためには、国家試験である保育士資格を取得しなければなりません。勤務するのは保育所や保育園となります。では幼稚園の教諭はどうでしょうか。幼稚園は文部省が定めた学校という教育機関に当たります。そのため幼稚園の教諭となるためには...

ご自身の都合で保育園を退職することもあると思いますが、そのような場合、突然退職を伝えたのでは周囲に迷惑がかかります。必ず事前に相談し、円満に退職するように心がけましょう。病気その他のやむを得ない事情がある場合はともかく、個人的な理由による退職の場合は、通常、職場に穴を開けないよう、後任の保育士のめどが付いてからの退職になりますので、時間の余裕を持つことが必要です。退職に関連して問題を起こしてしまう...

就職活動に欠かせないのが履歴書です。履歴書を書くときに心がけると印象がグンとアップするポイントがありますので、以下に説明しましょう。第一に、履歴書を書くときには、美しい字、丁寧な字で書くように細心の注意を払います。字が下手だという方でも、心を込めてこれ以上書けないくらい丁寧に書いてください。第二に、自分のセールスポイントが相手に届くように書くことが重要です。履歴書の中に、長所、短所、特技などを記入...

就職試験において聞かれる質問の中に、転職をしようと思った動機があります。つまりなぜ新しい職場に就職しようとしているか、ということです。新しく雇用する側としては、せっかく雇用したのにすぐに転職されては職場の管理に困難が生じます。どうして転職しようとしたか、と聞かれるのは当然とも思われます。たとえば結婚や出産など誰が聞いても納得のできる答えがある方は、あまり問題ないといえます。しかしあまりにも転職を度...

保育士の仕事に就こうと思ったときに、最初の関門となるのが面接です。あらかじめ書類の提出が求められるケースもありますが、それでも面接が採用のためには重要な鍵となることは間違いありません。かわいい子ども相手ならのびのびと接することができても、いざ面接官が相手となると緊張してしまうという人もよく見かけます。真剣に面接に臨むことはもちろん大切ですが、下手なことを言ってはならないなどと緊張するあまり、カチカ...